2009年05月01日

高校受験に向けて

みなさんこんにちは、家庭教師のノーバス教授&個別指導塾ノーバスのかえです。

今日より5月ですが、みなさんゴールデンウイークの予定は決まっていますか?

私の受け持ちの生徒さんは、ゴールデンウイーク返上で部活の大会があるそうです。高校でも部活をしっかりと続けたいので、希望する高校に入るためには、相当勉強しなければいけないとこないだ言っていました。

確かに、内申点はクリアしていけるだろうと予測できますが、難しいのは入試本番の試験です。

埼玉県は、今年度の受験生より公立高校の入試方法が変わります。

平成21年度埼玉県公立高等学校入学者選抜に関する情報
http://www.pref.saitama.lg.jp/A20/BQ00/21nyushi.html

北辰テストも早速4月にありました。
 
北辰テスト http://www.hokushin-t.jp/

今後また入試情報、授業内容などを載せていきたいと思います。



posted by ノーバス at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2008年09月29日

神奈川県高校入試日程

みなさんこんにちは。家庭教師のノーバス教授&個別指導塾ノーバスのかえです。
今日は教育ニュースをお伝えします。
先日埼玉県高校入試日程に関して掲載しましたが、今日は神奈川県の入試日程に関して書きました。

詳細は下記の神奈川県のHPをリンクしましたのでご確認ください。


http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/40/4001/index.html

前期選抜 募集期間 平成21年1月20日(火)〜1月22日(木)

後期選抜 単位制による全日制の課程
     定時制の課程(特別の時間)
     単位制による定時制の課程(三部制
     募集期間 平成21年2月6日(金)及び 2月9日(月)

     定時制の課程(夜間)
     単位制による定時制の課程(夜間)
     単位制による定時制の課程(特別の時間)

     志願変更期間
     全日制の課程(クリエイティブスクールを含む。)
     単位制による全日制の課程
     定時制の課程(特別の時間)
     単位制による定時制の課程(三部制)
       平成21年2月12日(木)及び2月13日(金)

     定時制の課程(夜間)
     単位制による定時制の課程(夜間)
     単位制による定時制の課程
       平成21年3月5日(木)及び3月6日(金)

前期選抜入試日
     平成21 年1月27 日(火)及び平成21 年1月28 日(水)


合格者の発表
    全日制の課程(クリエイティブスクールを除く。)
    単位制による全日制の課程
    定時制の課程(特別の時間)
    単位制による定時制の課程(三部制)
       平成21年2月3日(火)

    定時制の課程(夜間)
    単位制による定時制の課程(夜間)
    単位制による定時制の課程(特別の時間)
       平成21年2月3日(火)


後期選抜入試日

    課 程 学力検査の期日必要に応じて実施する検査の期日
    全日制の課程(クリエイティブスクールを除く。)
    単位制による全日制の課程
    定時制の課程(特別の時間)
    単位制による定時制の課程(三部制)
    平成21年2月19日(木)及び2月20日(金)

合格発表日 平成21年2月27日(金)
posted by ノーバス at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2008年09月02日

埼玉県高校入試日程

皆さんこんにちは。家庭教師のノーバス教授&個別指導塾ノーバスのかえです。
さて今日は、埼玉県公立入試日程が埼玉県のホームページに記載されていましたので、抜粋で添付しました。
詳細は以下のリンクを参照にして下さい。

埼玉県教育
http://www.pref.saitama.lg.jp/A20/BQ00/21nyushi.html

主な日程は以下のようです。

1月21日(日) 私立高校前期(推薦)入試開始
1月27日(火)28日(水) 公立高校前期募集願書提出期間

2月 3日(火)公立高校前期募集 面接・適性検査・総合問題・作文
2月 4日(水)公立高校前期募集 芸術系の適性検査
2月10日(火)公立高校前期募集合格発表
2月13日(月)〜16日(金)公立高校後期募集願書提出期間

2月17日(火)24日(火)公立高校後期募集志願先変更
2月26日(木)公立高校後期募集学力検査
2月27日(金)公立高校後期募集面接・適性検査
3月 6日(金)公立高校後期募集合格発表


posted by ノーバス at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2008年04月04日

私立中学相談会

みなさん、こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのかえです。
暖かい日が続きますが夜になるとまだ日によっては少々冷える日がありますね。

今日は教育ニュースをお届けします。
この時期になると、早速私立中学の合同相談会が各地域で催されます。

★春一番!合同相談会
4月13日(日) 10:30〜14:00
会場:立川パレスホテル4階(JR線立川駅北口徒歩5分、多摩モノレール立川北駅徒歩3分)
参加は無料。入退場自由。
参加校:大妻多摩・桜美林・鴎友学園女子・共立女子第二・工学院大学附属・駒込・駒沢学園女子・実践学園・実践女子学園・白梅学園清修・千代田女学園・帝京八王子・東海大学菅生・東京純心女子・日本大学第三・富士見・藤村女子・文華女子・武蔵野女子学院・明治学院・明治大学中野八王子・明星・明法・目白研心(現:目白学園)・八雲学園 計25校
詳細:http://www.ohyu.jp/exam/spring2008.pdf


★第6回女子校アンサンブル 私立中学・合同説明会
2008年4月27日(日) AM10:00〜PM4:00
会場:学習院大学(西5号館) JR山手線 目白駅 徒歩2分
東京都豊島区目白1-5-1
予約不要
参加校:跡見学園・学習院女子・恵泉女学園・香蘭女学校・実践女子学院・東京女学館・東洋英和女学院・三輪田学園・山脇学園
http://www.gakushuin.ac.jp/girl/ensemble/image/2008ensemble2.gif

★神奈川私立中学相談会
2008年4月29日(火・祝)
会場:パシフィコ横浜・展示ホールB
入場無料
神奈川の全私立中学60校参加予定
http://www.phsk.or.jp/soudankai/2008.html

詳細をご確認のうえ、ぜひいろいろと参加してみてくださいね。

posted by ノーバス at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2008年04月03日

新「学習指導要領」

みなさん、こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのかえです。
とうとう4月に入り、新学期を迎える時期に入りましたね。
ノーバスでは新しい学年の準備に向けて新しく入塾された生徒さんや、新しい家庭教師の先生と新しい学期の授業を迎えた生徒さんがどきどきしながら初めての授業を終えたという報告を毎日のように受けています。
これからのみなさんもぜひノーバスの授業を楽しみにしていてくださいね。

さて今日は、教育ニュースをお知らせします。

先日みなさんもご承知のとおり『新「学習指導要領」』の改定案が公表されました。

小学校では2011年度から、そして中学校では2012年度から、教科書が新しくなり、新しい「学習指導要領」に基づいた教育が完全に実施されます。
それに先立ち、内容が大きく増加する算数・数学と理科を中心に、2009年度から一部、新しい内容で授業が実施されることも報道されています。

いったいこの改定案はどのように移行されていくのでしょうか?
とても気になるところです。


文部科学省は「2009年度から移行措置(新「学習指導要領」の一部を先行して実施する)」としていますが、新しい教科書が使用開始となるのは、2011年(小学校)と2012年(中学校)です。
それまでの間は、教科によって取り組みが異なることが予想されます。

中でも注目される教科は、小・中学校で標準授業時数が18%増加となる算数・数学、23%増加となる理科です。
内容の系統的なつながりも考え、今後、どの学年で、どのような内容を、どういう順番で増やしていくかが示され、そのために必要な教材等が提供されていくでしょう。


★新小1生(2001年4月2日〜2002年4月1日生まれ)
小2から算数、小3から理科を中心に、今の「学習指導要領」にない内容を習い始めます。
小4からは完全に新しい教科書に。
小5進級時には正式に外国語(英語)の時間がある学年です。

★新小2生(2000年4月2日〜2001年4月1日生まれ)
小3から、算数・理科を中心に、今の「学習指導要領」にない内容を習い始めます。
小5からは新しい教科書に。
小学校での英語が正式に導入される学年で、教材「英語ノート」などを用いて、コミュニケーション英語の素地を養います。

★新小3生(1999年4月2日〜2000年4月1日生まれ)
小4から、算数・理科を中心に、今の「学習指導要領」にない内容を習い始めます。
小6からは新しい教科書に。
中学校の3年間を新しい教科書で学ぶ最初の学年で、高校入試も完全に新課程に対応した内容になるでしょう。

★新小4生(1998年4月2日〜1999年4月1日生まれ)
小5・小6・中1の3年間が「移行措置の期間」にあたり、中2で新しい教科書に変わります。
小5から、算数・理科を中心に内容が追加されます。
また小5になったときに教材「英語ノート」が全員に配布されます。

★新小5生(1997年4月2日〜1998年4月1日生まれ)
小6・中1・中2の3年間が「移行措置の期間」にあたり、中3で新しい教科書に変わります。
数学・理科を中心に、中学の授業でプリントや補助教材を使うケースが多くなることが予想される学年です。

★新小6生(1996年4月2日〜1997年4月1日生まれ)
中学校の3年間は「移行措置の期間」にあたります。
新しい教育課程(教科書)の対象にはなりませんが、改訂後の内容を見据えて、学んでおくべき内容が授業の中で追加されていくことになるでしょう。

★新中1生(1995年4月2日〜1996年4月1日生まれ)
中2からの2年間は「移行措置の期間」にあたります。
新しい教育課程(教科書)の対象にはなりませんが、改訂後の内容を見据えて、学んでおくべき内容が授業の中で追加されていくことになるでしょう。

★新中2生(1994年4月2日〜1995年4月1日生まれ)
中3以降が「移行措置の期間」にあたります。
新しい教育課程(教科書)の対象にはなりませんが、改訂後の内容を見据えて、学んでおくべき内容が授業の中で追加されていくことになるでしょう。

学年ごとに見ていただきましたが

「うちの子は、下の世代に比べて不利!?」と思われる方もいるかもしれません。
しかし、今回加わる内容の多くが、中学では「発展的な内容」として、あるいは「選択授業の時間を使って」行われている実態もあります。

「移行措置の期間」に学習する内容の詳細、高校への新「学習指導要領」の導入などについては、今後、文部科学省から正式に発信される見込みです。

文部科学省・新しい学習指導要領
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/index.htm
posted by ノーバス at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2007年10月15日

大学センター入試利用増加

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのかえです。

今日は教育ニュースです。

今月10月1日より12日まで08年度の大学入試センター試験の出願受け付けがあり、先週の金曜日で締め切られました。

試験日程は、

▽来年1月19日(土)、20(日)

の両日に実施されます。センター試験を利用する大学は、国公私立合わせて過去最多の622大学と発表があったそうです。
試験後の主な日程としては、

▽平均点の中間発表=1月23日(予定)

▽得点調整実施の有無の発表=同25日(同)

▽追試験=同26、27両日

▽平均点の最終発表=2月7日(同)。

大学入試センターによると、12日締切日午後5時までに到着した願書は51万8565人分で、昨年の同じ時点より1万333人分減ったそうです。志願者の内訳は現役の高校生が41万8423人(前年比6156人減)、高校既卒者などが高校既卒者などが10万142人(同4177人減)だったと発表がでました。

志願者数は減ったもののセンター試験を利用する大学が増加した理由としては受験生のニーズに合う改革を各大学とも進めてきた結果のようです。
このセンター入試利用だけでなく、学部・学科の新設・改編を積極的に進める、オープンキャンパスを学生主催型にするなど、各大学とも多方面において工夫を凝らしているのが多く見受けられます。

このことにより一般入試志願者の増加が認められた大学も多くあるようです。
その順位は以下です。参考してくださいね。

■一般入試志願者の増加数

(1) 立教大(東京)    

(2) 武蔵野大(東京)   

(3) 同志社大(京都)   

(4) 東京農業大(東京)  

(5) 帝京平成大(千葉)  

(6) 創価大(東京)     

(7) 青山学院大(東京)  

(8) 大阪大谷大(大阪)  

(9) 金沢工業大(石川)  

(10) 目白大(東京)    

posted by ノーバス at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2007年08月24日

千葉県公立高校 募集定員920人減

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

千葉県教育委員会は、8月23日、2008年度の公立高校の募集定員を発表しました。県立高は、全日・ 定時制合計で22学級880人減り、2年ぶりの減少。市立校でも全日制で1学級40人減り、公立高全体で23学級920人の減少し、 募集定員は3万4990人となっています。

千葉県教育委員会によると、来春の中学校卒業予定者は、1200人減少し、5万3390人。高校進学率は97.8%で、 進学者数は5万2215人程度と見込んでいます。

選抜日程は、特色化選抜の検査が来年2月6日、結果発表が同13日。一般は学力検査が2月28、29日にあり、 3月6日に合格発表です。

posted by ノーバス at 12:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 教育ニュース

2007年08月21日

センター試験「過去問」の出題解禁へ

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

大学入試センターは、毎年1月に実施している大学入試センター試験で、過去に出題された問題や教科書に掲載されている題材を、 今後出題対象とする方向で最終的な検討に入りました。出題の範囲を広げることで良質な問題を作成するねらい。

文部科学省や国立大学協会などと協議した上で、今年度中にも過去問の活用を宣言する方針。早ければ、 2010年1月のセンター試験から過去問が登場する可能性があります。

これまで、過去問は、問題を解いたことがある人とない人で不公平が生じるため、1度も出題されたことがなく、 教科書に載っている題材も出題されていませんでした。そのため、問題作成の過程で、センター試験や他大学の過去問、 教科書と重複がないかをチェックするのに、多大な時間が割かれてきました。

出題対象をどこまで広げるかについては、「引用場所が重ならない範囲で出題する」という案から、「設問や選択肢まで同じでもいい」 という案まで幅広く検討されています。

posted by ノーバス at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2007年07月20日

千葉県公立高校入試 「特色化選抜」の実施要項を発表

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

千葉県教育委員会は、18日、2008年度の公立高校「特色化選抜」の実施要項を発表しました。

「特色化選抜」は、中学校長の推薦がいらず、自己推薦で出願できるもの。2008年度で6回目になります。 県内全日制135校222学科と定時制18校22学科で実施されます。

検査内容は、面接や集団討論、小論文などから1つ以上。

2008年度「特色化選抜」の願書受付は来年1月29日(火)〜31日(木)正午まで。検査は2月6日(水)に予定されています。

posted by ノーバス at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2007年06月12日

センター試験の日程発表

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

先週、来春のセンター試験の実施要項が発表されました。

試験日は来年1月19日(土)・20日(日)の2日間。1日目は公民・地理歴史・国語・外国語。2日目は理科・ 数学の試験が実施されます。

出願手続き、試験の詳細を記載した受験案内を9月3日(月)から配布。出願の期間は10月1日(月)から12日(金)まで。

posted by ノーバス at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2007年06月08日

埼玉県公立高校の新制度、2010年度から開始

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

埼玉県教育委員会は、5日、公立高校の新入試制度についての方針を決めました。

4月に発表した骨子案に県民の意見を反映させて決定。2009年度としていた開始時期は、現在の中学1年生が受験する2010年度に。

前期入試では、5教科の学力試験が必須になり、現在必須の「自己PR書」を基にした面接は各校の裁量とされ、後期入試の学力試験は、 5教科から3教科になります。

2月初旬に行っている前期入試を2月16、17日に遅らせ、2月下旬に行っている後期入試は3月4日、 合格発表は3月10日とする方針。

定員に対する前期入試の募集割合は、骨子案で80〜90%としたが、受験機会を複数回与えるため、後期入試の募集枠をある程度確保し、 普通科の割合の上限を75%(現行上限25%)に設定。職業科は前期・後期で進路変更が少ないため上限100%(同65%)としました。 専門学科や総合学科の募集割合は秋に示されます。

posted by ノーバス at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2007年05月18日

全国66大学、来春から「過去問」再利用へ

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

全国66大学が来春入試から、過去に他の大学で出題された入試問題を再び出題する方針を決めました。 毎年新たな問題を作成しなければならない負担を軽減し、良質な過去問を活用するのが狙い。

過去問を再利用するのは、東京学芸大、お茶の水女子大、横浜国大、名古屋市大など国公立33大学と順天堂大、桜美林大、東京農大、 日本医科大など私立33大学。

これらの大学は「過去問活用宣言」を行い、

(1)宣言を行った大学の入試問題を「共有財産」と位置づけ、相互に使用を認める。

(2)そのまま使用することも、一部改変して使用することもできる。

(3)使用した過去問は入試後に受験生に公表する。

−こととしています。

宣言への参加大学は、受験生に不公平にならないように、 事前に過去問を利用する可能性があることを公表する、問題集などで公表されている過去問に限る、 入試後どの大学の過去問を利用したかを公表する、とのこと。

今後は参加大学の拡大を呼びかけていく方針。

posted by ノーバス at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2007年04月24日

全国学力テスト

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

小学6年、中学3年を対象とした文部科学省の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が本日実施されています。

文部科学省は、対象となる3万3104校のうち、98.95%にあたる3万2756校が参加、と23日発表しました。 参加する児童生徒は小学6年が約117万1000人、中学3年は約116万1000人で計約233万2000人。 学年全員が対象の調査は43年ぶりです。

調査は小6が国語と算数、中3が国語と数学の各2教科。主に知識をみる「A」と、その活用を問う「B」の2種類の問題を解きます。 また、学力の調査のほか、生活習慣や学習環境について尋ねる質問紙調査も。

今回は思考力や表現力を試すための記述式問題が多く出題されるため、 採点者による採点基準のバラツキをいかに防ぐかが課題となっています。文科省は、スキャナーですべての解答用紙を読み込んで、 問題ごとに解答を分け、一人の採点者が同じ問題だけを採点出来るようなシステムを使用。「出来る限り基準を統一させる」(文科省)とのこと。

結果は、はやければ今夏にも公表される予定です。

posted by ノーバス at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2007年04月17日

千葉県公立入試、調査書点を独自に計算

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

千葉県教育委員会は、08年度県立高校入試から、中学校が各県立高校に提出する調査書の点数を、 独自の数式で計算し直すこととしました。

これまで、各中学校は、生徒の3年間の成績を9教科ごとに5段階で採点し、県立高校に調査書として提出。 高校側はその点数を入学試験に反映させていました。しかし、各中学校によって採点の基準が違うため、保護者らから「不公平」 との声がありました。

このため08年度からは、調査書の点数を各高校が計算し直してから試験に反映させることになります。各中学校の調査書の平均点が、 県教委が定めた「標準値」を超えた場合、同中学校の受験生全員の調査書の点数を引き下げ、一方、低かった場合は加点されます。

文部科学省は「各都道府県で、調査書の信頼性を高めるための取り組みがなされている。ただ、 高校が数式に従って計算し直すというのは珍しい。」と話しています。

このほか、国語の試験では、コミュニケーション能力などを見るため、聞き取りが導入されます。試験の詳細は未定ですが、 先行している他県では、試験時間は45分中10分程度で、長文の放送があった後、登場人物の気持ちなどを問うものが多いようです。

posted by ノーバス at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2007年04月14日

「ゆとり世代」の学力テスト、結果改善

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

文部科学省は13日、高校3年生約15万人を対象に05年秋に実施した学力テストと意識調査の結果を公表しました。

今回の調査では、「ゆとり教育」を柱に02年度から実施されている現行の学習指導要領で学んだ高校生が初めて対象になりました。 前回調査(02〜03年)にも出題された問題で比べると、約14%の問題で正答率が上がり、「勉強が好き」という答えも増えました。 文科省は「意欲を含め、学力が改善の方向に向かっているのではないか」とみています。

テストは12科目で合計657問を出題。うち181問が前回と同一の内容でした。この同一問題で正答率がどう変化したかをみると、 約80%の145問では統計上差があるとは言えませんでしたが、26問では上回り、残る10問は下回りました。

文科省が事前に予測した「通常の授業を受けた場合に期待される正答率」と実際の正答率を比べてみると、657問のうち393問(59. 8%)で期待値を上回ったか同程度。前回はこの割合が51.1%だったので、文科省は学習内容がより定着したとみています。しかし、 科目ごとにみると、理科や数学で前回に引き続き、下回った問題が多かったようです。

posted by ノーバス at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2007年04月10日

埼玉県公立高校前期入試 学力検査必須に

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

埼玉県教育局高校教育指導課は、6日、09年度以降の公立高校入試制度の改善骨子案を発表しました。 現行では2月初旬に行っている前期入試を2、3週間遅らせ、原則全受験生に学力検査を義務づけ。今後、県民から意見を募集し、 今年秋をめどに改善骨子を作成します。

現行の制度は、3学期の早い時期に入試が実施されるため、中学校で十分な授業時間を確保できない、 面接中心の前期入試が学力低下を招いている、といった問題点が指摘されています。

改善骨子案では、中学校で学習した成果を評価するため、前期入試の全受験生に学力検査(5教科)を必須としています。一方で、 これまで総募集人員の約40%だった前期の募集人員が80〜90%に引き上げられます。

この結果、入試制度は「前期中心」に変わりますが、生徒の不安感などを考慮し、前後期の「一本化」は当面見送ることになっています。

posted by ノーバス at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2007年03月13日

全国の公立小 96%で英語教育

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

総合的な学習の時間や放課後に英語を教えている公立小学校が今年度、全体の95・8%(前年度比2・2ポイント増)に上ったことが、 文部科学省の調査でわかりました。

調査は全国の公立小学校約2万2000校を対象に、2003年度から実施。初調査の際の88・3%から年々増加しています。今年度は、 1年生から実施している学校も79・0%(同3・9ポイント増)に上りました。

6年生が英語活動を行う年間の平均時間は14・8時間。ほぼ月1回のペースです。各学年とも歌やゲームで英語に親しんだり、 自己紹介の練習がほとんどですが、5年生以上では、英単語を読んだり書いたりさせている学校も40%を超えているそうです。

小学校の英語教育を巡っては、文部科学相の諮問機関「中央教育審議会」の外国語専門部会が昨年3月、 小学5年からの英語必修化を提言していますが、具体的な時期は明らかにしていません。

posted by ノーバス at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2007年02月21日

国公立大2次試験 志願倍率

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

文部科学省は20日、今月25日から始まる国公立大2次試験の確定志願者数と、各大学による2段階選抜(門前払い) の実施状況を発表しました。

志願者数は、前年度より1万6824人少ない48万8546人で、募集人員に対する倍率は4.8倍。志願倍率が5倍を切ったのは、 センター試験が始まった1990年度以来初めてです。

志願者数と倍率の内訳は、国立83校が36万8968人、4.5倍(前年度4.6倍)、公立73校が11万9578人、6.3倍 (同6.6倍)。

5倍割れの背景について文部科学省は「少子化で、18歳人口が前年度から約2万6000人減ったことなどが考えられる」としています。

また、2段階選抜は前期日程で実施を予定していた50大学159学部のうち、21大学33学部で行われ、 3370人が2次試験に進めず不合格となりました。

posted by ノーバス at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2007年01月19日

公立中高一貫校の選抜状況

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

各地で公立中高一貫校が続々と開校しています。19年4月開校予定の中学校でも、入学者選抜が始まりました。

千葉市立稲毛中学校では、1月13日(土)に入学者選抜検査(適性検査・面接)が実施されました。志願倍率は20倍を超えています。

さいたま市立浦和中学校は、募集定員80名のところ、志願者は2000名以上。志願倍率25倍となっています。 明日20(土)の適性検査で、200名ほどに絞られ、第1次選抜合格者を対象に27(土)に面接と作文が実施されます。

栃木県では、県立宇都宮東高付属中学校の入学選考結果が発表されました。14日(日)に適性検査と作文・面接が実施され、 182名の入学候補者を選抜。8割以上の受検者が「不合格」となる厳しい結果となりました。21日(日)に行われる抽選で、 105名に絞り込まれ、最終的な合格者が決まります。

posted by ノーバス at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース

2006年12月23日

文部科学省、学力調査の例題を公表

こんにちは。家庭教師&個別指導塾ノーバスのなほです。

今日は教育ニュースをお届けします。

文部科学省は20日、来年4月に全国で実施予定の学力調査に向け、 11月から12月にかけて実施した予備調査の問題の一部を公表しました。

小学6年と中学3年を対象とした調査は、国語と算数・数学の「知識」を調べる問題と、その知識の活用度を問う問題に分かれています。

「知識」問題では、身につけなければ、その後の学習に影響を及ぼし、実生活に不可欠な内容が問われます。小学校の国語・算数では、 副詞の呼応を理解しているか、計算のきまりが身についているか、などをみる問題が出題されました。

「活用」問題では、知識や技能を実生活の様々な場面に活用する力や課題解決のための構想をたて、実践し、評価・ 改善する力が問われます。予備調査の「活用」問題の約4割では、記述式の回答が求められました。

また、質問紙調査では、生活や勉強の習慣や、科目についての考え方なども尋ねられます。

予備調査は、47都道府県で計188の小中学校で11月6日から12月15日にかけて実施され、小学6年は約7000人、 中学3年は約1万人が受けました。

 

posted by ノーバス at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育ニュース